忘れられた卵

先日、屋根の草むしりをしていると、屋根の上に丸い物を発見しました。

f:id:gk-okinawa:20180907173323j:image

近づいてみると、丸くて、大きな卵?

f:id:gk-okinawa:20180907173012j:image

手に取って見ると、重さといい、においといい、まさしく卵でした。

f:id:gk-okinawa:20180907172920j:image

一度はあった場所に戻したのですが、夜になって心配になり、屋根に行ってみると卵は、まだありました。

どうも母鳥は、戻ってこない様子だったので、私が孵化させることにしました。

温度は37度から40度ほどで、4週間ほど継続して温める必要があります。

また転卵といって、最低6時間毎に、卵を回してあげる必要があります。

専用に、孵化器というものもあるようですが、高くて購入できないので、手元にあるヨーグルトメーカーで、孵化させることにしました。

温度計を入れて、一定の温度を保つようにします。

f:id:gk-okinawa:20180907184732j:image

母鳥のぬくもりを、再現するためにタオルにくるんで、毎日世話をしてみました。

f:id:gk-okinawa:20180907185109j:image

つづく…

About the author: Fujirin

Leave a Reply

Your email address will not be published.