カメラの老眼鏡「クローズアップレンズ」

一眼レフのカメラの進化には目を見張るものがあります。

例えば、今日SONYから発表されたDSC-RX10M4は

オートフォーカスも0.03秒で合い、600㎜という望遠域をF4という明るさで撮影することが可能です。もちろん動画4Kの高画質。

f:id:gk-okinawa:20170913183751j:image

しかし、そんな高機能なカメラでも探偵泣かせの欠点があります。

レンズから20センチほどの近距離の撮影に弱いのです。

例えば、このシールを写したときにも、このようにぼけてしまいます。

f:id:gk-okinawa:20170913181454j:image

印刷物の文字が読めないようであれば、写真の証拠能力は格段に落ちてしまいます。

そんなときに、便利なアイテムがクローズアップレンズです。

これをレンズに取り付けて、写すと、この通り。

f:id:gk-okinawa:20170913181555j:image

このクローズアップレンズ、いわば一眼レフの老眼鏡です。

一枚持っておけば、何かと便利なレンズの紹介でした。

f:id:gk-okinawa:20170913181733j:image

f:id:gk-okinawa:20170913181908j:image

About the author: Fujirin

Leave a Reply

Your email address will not be published.